石車に乗る(読み)イシグルマニノル

デジタル大辞泉の解説

石車(いしぐるま)に乗・る

小石を踏み、足をとられてひっくり返る。転じて、うっかり調子に乗って失敗する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いしぐるまにのる【石車に乗る】

調子に乗ってしくじる。 「 - ・つて徒惚あだぼれするは男の屑の葛餅/浄瑠璃・松風村雨」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いしぐるま【石車】 に 乗(の)

小石を踏み、足をとられてひっくり返る。
※三百番集本狂言・独松茸(室町末‐近世初)「ああ悲しや。石車に乗って既に谷に落ちようとした」
② むやみと調子にのって失敗する。
※浄瑠璃・松風村雨束帯鑑(1707頃)三「一心の下り坂、石ぐるまにのってあだ惚れするは、男の屑(くづ)の葛餠(くづもち)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android