コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂出し すなだし

1件 の用語解説(砂出しの意味・用語解説を検索)

パラグライダー用語辞典の解説

砂出し

海岸部のリッジエリアなどでフライトすると砂地のテイクオフやランデング場などが多くエアーインテークから進入した砂がリーディングエッジやスタビライザーに溜まってしまうことがある。少々のものであれば美観を損ねる程度であるが、気がつくと、こぶし大程も溜まっている事さえある。砂の進入はクロスコーティングを劣化させる理由からひどく嫌う人もいるが、あまり神経質になる必要はない。しかし、量が多くなるとライズアップや飛行特性を変えてしまうので早めに砂出しを行いたい。砂出し方法(写真1)・キャノピーの片翼をエアインテークが下を向く様にたてる。(ロアーサーフェイスが風上側)・写真では風は手前から向う側に吹いている。セールが45度程度傾く風速1m程度がベスト。・セールを振りながらリーディングエッジやスタビライザーに溜まった砂をエアーインテークの方にしだいに落としていく。・一度に落としきれない場合は、まずは中央付近まで落とし、次に中央部を摘みエアーインテークへ導く。・エアーインテークを後方へ振りながら半回転させる。残りの片側も同じ方法で行う。全工程、2人で5分程度の作業となる。                                                                                                                      砂出し窓(写真2) フライト中、スタビライザー(翼端付近)はキャノピーで一番下側になる為、砂が溜まりやすい。また、翼端になるほどベントホールは小さく、少なくなる為、砂を出しにくくなる。これを解消するために、翼端に砂だし用の窓が設けられている。開口部はベルクロ(マジックテープ)で出来ており普段は閉じておく。カイトサーフィンのラムエアータイプで水出し用に取り入れられた構造で、オゾン社がいち早く取り入れたが今では殆どのメーカーが採用している。ヨーロッパではバッドホールbutt hole)と呼ばれているが日本ではなじみが薄く、「砂出し窓」、あるいは「ゴミ出し窓」と言った方が判りやすい。
su-69-1.jpgsu-69-2.JPG

出典|
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

砂出しの関連キーワードギアナエリアリッジチロリアンブリッジログブックエリアオープンエリアクローズクラブエリアフライトエリアリッジソアリング

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

砂出しの関連情報