コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂糖状組織 さとうじょうそしき saccharoidal

1件 の用語解説(砂糖状組織の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

砂糖状組織

やや粗粒,均質な粒度をもつ結晶からなる岩石にみられる[Naumann : 1849].他形粒状組織(allotriomorphic-granular)と同じ[Bowes : 1989].半花崗岩質と同じ意味という考え方もある.角砂糖に似た組織で,特に炭酸塩鉱物からなる岩石で,代表的な例では彫刻用の大理石に使われる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

砂糖状組織の関連キーワード結晶軸多結晶シンミクト粒度階区分均質化作用砂糖状均質岩不均質岩ソルケダライト

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone