コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砕残偽斑晶 さいざんぎはんしょう porphyroclast

1件 の用語解説(砕残偽斑晶の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

砕残偽斑晶

岩石の成分鉱物が粒状化作用を受けた際に,その作用を免れた部分が斑点状に残って斑晶のように見えるもの.大きい角状またはレンズ状の残晶が,細粒の潜晶質のマトリクスに囲まれた組織で,破砕で変形した岩石に形成される[Becke : 1903, Waters : 1932].モルタル(mortar)組織と同義.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

砕残偽斑晶の関連キーワード鉱化作用接触鉱物副の岩石成分ラテリトイドエクソミグマタイト化作用エンドミグマタイト化作用玻璃化作用粒状化砕残偽斑状構造

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone