破断(読み)はだん

精選版 日本国語大辞典「破断」の解説

は‐だん【破断】

〘名〙 材料亀裂が生じるか、またはくびれが生じるかして二つ以上の部分に分離してしまうこと。
※舶用機械学独案内(1881)〈馬場新八・吉田貞一〉附録「を周囲英寸の数と、Bを破断(ハダン)の噸数と定めよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「破断」の解説

は‐だん【破断】

[名](スル)金属などの材料に、亀裂やくびれが生じて断ち切れてしまうこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の破断の言及

【断層】より

…地層または岩石の中の割れ目を境にし,両側が相対的に変位することを断層運動といい,断層運動が起きた割れ目を断層という。相対的な変位が認められない割れ目を破断という。また破断のうちで,規則的に発達しているものは節理と呼ばれることもある。…

※「破断」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

NFT

《non-fungible token》複製・偽造の不可能な証明書を付与したデジタルデータ。また、その技術。アート作品など、複製でないことに価値があるものに、それが唯一のデータであることを証明する情報...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android