コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫酸アトロピン

1件 の用語解説(硫酸アトロピンの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

硫酸アトロピン

 (C17H23NO3)2H2SO4・H2O (mw694.84).

 抗コリン作用薬で,アトロピン作用をもつ水溶性化合物として広く使用されている.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内の硫酸アトロピンの言及

【アトロピン】より

…24時間以内に,未変化のまま,またはトロピンとトロパ酸に分解され,尿中に排出される。
[適応と副作用]
 日本薬局方には硫酸アトロピンとして収載されており,1回0.5mgを内服または皮下注射で用いる。極量は1回1mg,1日3mg。…

※「硫酸アトロピン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

硫酸アトロピンの関連キーワード溶解度スピライト加水分解蛇紋岩化作用配位子アナテクシスサブソルバス花崗岩ハイパーソルバス花崗岩黒曜岩安田未央

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

硫酸アトロピンの関連情報