コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫酸アトロピン

栄養・生化学辞典の解説

硫酸アトロピン

 (C17H23NO3)2H2SO4・H2O (mw694.84).

 抗コリン作用薬で,アトロピン作用をもつ水溶性化合物として広く使用されている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内の硫酸アトロピンの言及

【アトロピン】より

…24時間以内に,未変化のまま,またはトロピンとトロパ酸に分解され,尿中に排出される。
[適応と副作用]
 日本薬局方には硫酸アトロピンとして収載されており,1回0.5mgを内服または皮下注射で用いる。極量は1回1mg,1日3mg。…

※「硫酸アトロピン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

硫酸アトロピンの関連キーワード副交感神経遮断薬洞房ブロックハシリドコロロートエキス自律神経剤ムスカリン習慣性嘔吐モルヒネ鎮けい薬散瞳薬毒薬

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android