コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫酸アトロピン

世界大百科事典内の硫酸アトロピンの言及

【アトロピン】より

…24時間以内に,未変化のまま,またはトロピンとトロパ酸に分解され,尿中に排出される。
[適応と副作用]
 日本薬局方には硫酸アトロピンとして収載されており,1回0.5mgを内服または皮下注射で用いる。極量は1回1mg,1日3mg。…

※「硫酸アトロピン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

硫酸アトロピンの関連キーワード副交感神経遮断薬洞房ブロックハシリドコロロートエキス自律神経剤ムスカリン習慣性嘔吐モルヒネ鎮けい薬散瞳薬毒薬

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android