硬玉岩(読み)こうぎょくがん(英語表記)jadeitite

岩石学辞典の解説

硬玉岩

アルカリ輝石,ジェダイト(jadeite)を主成分とする細粒の岩石で,少量の長石または准長石を伴う[Mrazec : 898].アルカリ火成岩が高圧変成作用によって形成されたものと思われる[Lacroix : 1928].小藤文次郎はjadeiteを硬玉,nephriteを軟玉と訳して両者を区別した[小藤ほか : 1890,歌代ほか : 1978].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android