コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小藤文次郎 コトウブンジロウ

6件 の用語解説(小藤文次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ことう‐ぶんじろう〔‐ブンジラウ〕【小藤文次郎】

[1856~1935]地質学者。島根の生まれ。東京帝大教授。ドイツに留学。日本岩石学・火山学・地震地質学・東亜地質学の分野で開拓者となった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

小藤文次郎【ことうぶんじろう】

地質学者。島根県津和野に生まれ,1879年東大卒。ドイツ留学後東大教授として1921年に至るまで日本の地質学の指導的地位にあった。秩父結晶片岩系(三波川変成岩)など古期岩層や阿武隈高地地質構造の研究,濃尾地震や桜島噴火の研究,日本の火山の地質学的総括,日本列島地体構造論などが有名。
→関連項目ツィルケル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小藤文次郎 ことう-ぶんじろう

1856-1935 明治-昭和時代前期の地質学者。
安政3年3月4日生まれ。ドイツに留学し,明治19年帝国大学教授。24年の濃尾地震で生じた根尾谷断層の研究や,桜島などの火山の調査・研究で知られる。地学会,東京地質学会(現日本地質学会)を創立した。昭和10年3月8日死去。80歳。石見(いわみ)(島根県)出身。東京大学卒。著作に「地球発達史」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ことうぶんじろう【小藤文次郎】

1856‐1935(安政3‐昭和10)
地質学者,地震学者。島根県津和野藩士の子として生まれ,明治新政府が各藩から貢進生を集めた際,選ばれて東京に出,英語と理学を学ぶ。1879年東京大学地質学科の最初の卒業生となる。80年ドイツに留学,F.ツィルケルに岩石学,とくに顕微鏡岩石学を学ぶ。84年帰国して東京大学の講師となり,ついで教授に進んで1921年まで在任,多くの地質学者,岩石学者を育てた。1893年学生たちによる東京地質学会(現在の日本地質学会)の創立にあたって援助し,また地質学雑誌に多数寄稿するなど,ながく学界に影響力を保持した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ことうぶんじろう【小藤文次郎】

1856~1935) 地質学者。島根県生まれ。東大教授。日本の地質学の創始者の一人。地質の調査研究、日本・アジア各地の地帯構造論などに業績がある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小藤文次郎
ことうぶんじろう
(1856―1935)

地質学者。石見(いわみ)国(島根県)津和野藩士の子に生まれる。1870年(明治3)貢進(こうしん)生として東京開成学校に入学、1879年東京大学地質学科の第1期卒業生となる。翌1880年から1884年までドイツに留学した。帰国して東大と地質調査所に勤務し、三波川(さんばがわ)変成帯の紅簾片岩(こうれんへんがん)の研究を発表。1886年帝国大学理科大学教授に進み、1921年(大正10)の退官後も日本地質学界の指導的立場にあった。1891年(明治24)の濃尾(のうび)地震で生じた根尾谷断層の研究や、門下を動員しての火山研究など先駆的な研究が多い。1916年、琉球(りゅうきゅう)列島沿いに第三紀変動帯を指摘して西南日本の古い褶曲(しゅうきょく)山脈の地質と区別したことも注目すべき業績である。創業期地質調査所の指導者、ナウマンに協調しなかったが、日本列島構造論ではナウマン説に近かった。また地学会、東京地質学会(現、日本地質学会)を創立し、地理学、地震学など関連学界にも寄与した。[石山 洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

小藤文次郎の関連キーワード日本浪曼派治安維持法挟みトヨダトラックG1型雪之丞変化芥川賞直木賞日本共産党予讃線結城寅寿

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone