コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硬膜外ブロック コウマクガイブロック

1件 の用語解説(硬膜外ブロックの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうまくがい‐ブロック〔カウマクグワイ‐〕【硬膜外ブロック】

硬膜外腔局所麻酔薬を注入して交感神経知覚神経を一時的に抑制することにより、血行障害を改善したり疼痛(とうつう)を緩和したりする治療法。神経ブロック療法の一。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の硬膜外ブロックの言及

【ぎっくり腰】より

…痛みが起こって間もなく,あるいは2~3日安静にして痛みが軽くなってきたとき,医師の治療を受けられれば,痛みの原因となっている部分への注射で痛みをとることができる。すなわち,筋肉や靱帯の押して痛い部分への注射(圧痛点のブロック),関節やそのまわりの注射(椎間関節ブロック),椎間板やまわりの神経の刺激をとる注射(硬膜外ブロック)などが適宜用いられる。腰を支えるのにさらし巻では不十分のようなら,既製品である腰椎バンドを用いたり,ギプス包帯を巻いて固定するのもよい。…

※「硬膜外ブロック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone