感覚神経(読み)かんかくしんけい(英語表記)sensory nerve

翻訳|sensory nerve

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「感覚神経」の解説

感覚神経
かんかくしんけい
sensory nerve

知覚神経ともいう。末梢神経の一つ。運動神経に対するもので,各種の感覚受容器からの感覚情報 (インパルス) を中枢神経に送る役目をもつ求心性神経である。嗅覚器官から出る嗅神経のように神経全体が感覚性のものもあるが,普通は遠心性神経と混合して末梢神経を構成している。感覚情報の伝わり方は感覚器官の種類によってかなり相違がみられるが,感覚神経の神経細胞 (ニューロン) から中枢に入った情報は,神経細胞と神経細胞の接合部であるいくつかのシナプスを経て最終的には大脳皮質感覚野に達し,そこで感覚が成り立っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「感覚神経」の解説

かんかく‐しんけい【感覚神経】

〘名〙 末梢神経のうち、皮膚などの感覚器(受容器)に生じた興奮を中枢神経に求心的に伝える神経。知覚神経。⇔運動神経

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android