局所麻酔(読み)きょくしょますい(英語表記)local anesthesia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

局所麻酔
きょくしょますい
local anesthesia

小手術に用いられる局所的な麻酔方法。全身麻酔に対する用語で,患者の意識に影響を与えない麻酔をいう。皮下注射では,プロカイン (ノボカイン) ,リドカイン (キシロカイン) などが広く用いられている。粘膜の表面麻酔には,リドカイン,テトラカインが用いられる。かつてはコカイン液が用いられたが,麻薬扱いのため,最近はほとんど使用されない。局所表面を冷却する寒冷麻酔には,クロルエチルが用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょくしょますい【局所麻酔 local anesthesia】

意識があるまま,痛覚を伝導する末梢神経の一部を可逆的に遮断し,神経支配領域を麻酔することを広義の局所麻酔,あるいは伝達麻酔という。一方,麻酔薬を手術部位そのものに注射浸潤させる局所浸潤麻酔や,麻酔薬を皮膚や粘膜の表面に塗布する表面麻酔は,一般に狭義の局所麻酔とよばれている。伝達麻酔は末梢神経の走行あるいは神経叢に直接局所麻酔薬を注射してその支配領域を麻酔するもので,神経遮断(神経ブロック)ともよばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きょくしょますい【局所麻酔】

手術時などに、意識を失わせることなく、知覚神経末梢に作用して刺激伝導を遮断し、身体の一部の知覚を消失または鈍麻させること。コカインなどを用いる。局部麻酔。 ⇔ 全身麻酔

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

局所麻酔
きょくしょますい

なんらかの方法で末梢(まっしょう)神経の刺激伝導を可逆的に遮断し、その神経の支配領域の麻酔効果を得る方法である。物理的に神経を圧迫したり、針による電気刺激を加えたり、あるいは冷却する方法(冷凍麻酔)もあるが、局所麻酔薬を用いるのがもっとも一般的である。局所麻酔薬はおもに神経に注射するが、血流を遮断した四肢の静脈内に入れて、その部分を麻酔することもある(静脈内局所麻酔)。
 局所麻酔薬には、プロカイン、テトラカイン、ジブカイン、リドカイン、メピバカイン、ブピバカイン、クロロプロカイン、ロピバカインなどが市販されており、それぞれ一長一短がある。いずれにしても、組織浸透性があり、効果の発現が速く、十分な麻酔力と持続時間をもち、かつ、その作用は可逆的で神経に障害を残さないもの、全身への毒性が少ないものがよい。
 局所麻酔の種類としては、脊椎(せきつい)麻酔(正式には、脊髄(せきずい)くも膜下麻酔とよばれる)、硬膜外麻酔、神経ブロック、浸潤麻酔、および表面麻酔があり、特別なものとしては静脈内局所麻酔がある。局所麻酔の利点としては、(1)実施が簡単である、(2)意識があるので患者の協力が得られる、(3)生体に対する影響が少ない、などがある。その反面、欠点としては、(1)患者に不安を与える、(2)神経ブロックなどは熟練した手技を要する、(3)作用時間に制限がある、(4)局所麻酔薬による中毒をおこす可能性がある、などがあげられる。[山村秀夫・山田芳嗣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の局所麻酔の言及

【麻酔】より

…薬の作用により体の一部あるいは全身の知覚と運動機能を一時的に消失させ,手術のような体に侵害を加える際の痛みや精神的苦痛を取り除くことをいう。薬の作用が局所に限られるものを局所麻酔と呼び,全身的に作用するものを全身麻酔と呼ぶ。全身麻酔は通常意識消失を伴う。…

※「局所麻酔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

局所麻酔の関連情報