コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硬膜外内視鏡手術 コウマクガイナイシキョウシュジュツ

デジタル大辞泉の解説

こうまくがいないしきょう‐しゅじゅつ〔カウマクグワイナイシキヤウ‐〕【硬膜外内視鏡手術】

硬膜外腔内視鏡を挿入し、神経周辺の癒着組織を剝離、洗浄することにより疼痛(とうつう)やしびれを緩和する治療法。神経ブロックなどの治療法が効かない慢性の腰痛、難治性の腰部椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症などに対して行われる。エピドラスコピー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

硬膜外内視鏡手術の関連キーワード腰部椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android