コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脊柱管狭窄症 せきちゅうかんきょうさくしょう spinal canal stenosis

3件 の用語解説(脊柱管狭窄症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脊柱管狭窄症
せきちゅうかんきょうさくしょう
spinal canal stenosis

難病の一つ。組織の骨化や靭帯性の要因により,脊柱 (せきちゅう) 管が狭くなった状態を脊柱管狭窄という。症状としては疼痛 (とうつう) ,腰痛,間欠跛行 (はこう) など。間欠跛行とは,同じ姿勢で立ち続けたり歩き続けたりすると腰ないし殿部から下肢にかけて疼痛があったり,脱力感や異常感覚に襲われることをいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せきちゅうかんきょうさく‐しょう〔セキチユウクワンケフサクシヤウ〕【脊柱管狭×窄症】

脊椎の変形などにより脊柱管が狭くなる病気。脊柱管内で脊髄が圧迫され、痛みなどの障害が現れる。腰椎部の場合、腰痛・歩行障害頸椎部の場合、首・肩の痛みや手のしびれなどの症状が現れる。頸椎・胸椎・腰椎の広範囲にわたって生じる「広範脊柱管狭窄症」は厚生労働省特定疾患に指定されている。脊椎管狭窄症

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脊柱管狭窄症
せきちゅうかんきょうさくしょう

脊柱管がもともと狭い場合や、発育につれてあるいは脊椎(せきつい)の変形などが原因で狭くなり、脊髄(せきずい)を圧迫して痛みなどさまざまな症状を呈するもの。脊椎管狭窄症ともいう。腰椎部や頸椎(けいつい)部に発生することが多く、なかでも腰椎部に発生するものが多い。それぞれ「腰椎脊柱管狭窄症(腰部脊柱管狭窄症)」「頸椎脊柱管狭窄症」とよばれる。腰椎部や頸椎部のほかに胸椎など広範囲にわたって脊柱管狭窄を生じる「広範脊柱管狭窄症」は原因が明らかになっておらず、厚生労働省による公費対象の指定難病である。馬尾(ばび)神経(馬尾型)や神経根(神経根型)が障害されるものと、その両方に障害をきたす混合型がある。
 腰椎脊柱管狭窄症では、腰痛のほか歩行障害を伴う。歩行中にしだいに足のしびれや痛みを感じるが休憩すると元通りに回復する(馬尾性)間欠性跛行(はこう)が特徴で、ほかに会陰(えいん)部に知覚異常(灼熱(しゃくねつ)感など)の症状が現れることもある。頸椎脊柱管狭窄症では、頸椎や肩にこりや痛みを伴い、上腕や前腕および手にしびれや痛みの症状がみられる。広範脊柱管狭窄症ではこれらの症状が複合的にみられ、手足や体のしびれと痛みおよび間欠性跛行、さらに脱力感や排尿障害などを伴う。保存的治療としては、消炎鎮痛薬や血行改善薬などの薬物治療、温熱療法や神経ブロック、コルセット装着療法などを行う。これらの治療で改善がみられない場合は頸椎や腰椎の牽引(けんいん)を試み、さらに脊柱管を拡大する手術や椎弓切除術などの手術治療を考える。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脊柱管狭窄症の関連キーワード靭帯組織風土材料後縦靭帯骨化症間帯性土壌外部要因フェルト状組織難病の子ども結合組織性骨化靭帯 (ligament)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

脊柱管狭窄症の関連情報