碓女(読み)うすめ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 米をつく女。舂女(つきめ)
※古事記(712)上「乃ち其処に喪屋(もや)を作りて〈略〉雀を碓女(うすめ)と為、雉(きざし)を哭女(なきめ)と為(す)
[補注](1)「古事記伝」では、たむけ(奠)の米などをつく女の意とし、「予郷近き里々にて、人死ぬれば庭に多く臼を立て、ことさらに米を多く舂くわざあり。〈略〉上代の儀ののこれるにやあらむ」としている。
(2)祭祀に神楽を奏する女をいったとする説もある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android