コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

確率制御 かくりつせいぎょstochastic control

世界大百科事典 第2版の解説

かくりつせいぎょ【確率制御 stochastic control】

確率微分方程式に従って運動する系に対する制御理論。B(t)をn次元ブラウン運動とする。与えられた領域Γ(制御域という)の値をとる確率過程U(t)は,過去の部分(U(θ),B(θ),θ≦t)がブラウン運動の増分B(s)-B(t)とは独立のとき,許容されるコントロールと呼ばれる。U(t)を用いた場合の運動は確率微分方程式dX(t)=α(X(t),U(t))dB(t)+γ(X(t),U(t))dtで与えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

確率制御の関連キーワード確率微分方程式伊藤解析リオン

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android