確率制御(読み)かくりつせいぎょ(英語表記)stochastic control

世界大百科事典 第2版の解説

かくりつせいぎょ【確率制御 stochastic control】

確率微分方程式に従って運動する系に対する制御理論。B(t)をn次元ブラウン運動とする。与えられた領域Γ(制御域という)の値をとる確率過程U(t)は,過去の部分(U(θ),B(θ),θ≦t)がブラウン運動の増分B(s)-B(t)とは独立のとき,許容されるコントロールと呼ばれる。U(t)を用いた場合の運動は確率微分方程式dX(t)=α(X(t),U(t))dB(t)+γ(X(t),U(t))dtで与えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android