評価関数(読み)ひょうかかんすう

デジタル大辞泉の解説

ひょうか‐かんすう〔ヒヤウカクワンスウ〕【評価関数】

コンピューターにゲームをプレーさせるプログラムで、ゲームの局面の良し悪しを数値化し、着手を決定するための関数
[補説]かつてはプログラマーが考案した、局面の良し悪しを判断するアルゴリズムを組み込んでいたが、近年では強化学習の技術を用いて、大量のプレー履歴から評価関数を自動生成する手法が主流となっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の評価関数の言及

【確率制御】より

…α,γが有界で滑らかなとき,初期値X(0)=xが与えられると,解X(t)が定まる。評価関数,を最大(あるいは最小)にするように許容されるコントロールを選ぶのが確率制御である。(価関数という)となるを最適制御と呼ぶ。…

【ゲーム理論】より

…結果は各プレーヤーのとる戦略によって定まるから,利得は各プレーヤーのとる戦略の関数である。この関数を評価関数,利得関数などと呼ぶ。ゲームとして最も本質的なことは各プレーヤーの利得は自分のとる戦略の関数であるだけでなく,他のプレーヤーのとる戦略の関数であるということである。…

【コンピューターゲーム】より

…時間と記憶容量の許す範囲内でなるべく深くまで先読みしたゲーム木を作り,先読みの末端の局面一つ一つの形勢判断を行う。形勢判断には,局面を入力として形勢判断の結果を数値として出力する評価関数evaluation functionを用いる。コンピューターゲームではこの評価関数の作成がもっとも難しい。…

※「評価関数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

評価関数の関連情報