磁場閉じ込め(読み)じばとじこめ(英語表記)magnetic confinement

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁場閉じ込め
じばとじこめ
magnetic confinement

高温に加熱されたプラズマを磁場により真空容器に閉じ込め,核融合反応を持続して起こさせる方法。ローソン条件を満足するために,プラズマ粒子を 1m3当たり,1020 個程度の数密度で約1秒間閉じ込めることを目指す。この数密度は,0℃の気体で換算すると 0.0001気圧に相当する密度であり,非常に希薄である。プラズマを閉じ込める磁場の形はさまざまであり,有力な磁場閉じ込め核融合炉の方式として,トカマク型,ヘリカル型などがある。現在はまだ実験段階であり,プラズマを加熱するために注入されたエネルギーよりも核融合反応で発生するエネルギーの方が小さい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android