コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁束量子 じそくりょうしflux quantum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁束量子
じそくりょうし
flux quantum

超伝導体の環を磁束が貫いているとき,磁束 ( n は整数) で量子化され,φ0h/2e ( hプランク定数e は電子の電荷) を磁束量子という。これは 2.067851×10-15Wb に相等する。超伝導では巨視的スケールで量子力学的状態が実現していて,巨視的な数の電子対が同一の量子状態にあり,巨視的な量である密度は波動関数の2乗,電流は波動関数の空間的勾配によって記述される。環を1周したときの位相の変化は,2π の整数倍しかとれないので,環を貫く磁束は量子化される。磁束の量子化は F.ロンドンによって指摘され,のちに実験的に観測された。これは,超伝導が巨視的スケールでの量子状態の現れであること,φ0 の分母が e でなく 2e なのは電子が対になっていることを示し,BCS理論の重要な検証となった。第二種超伝導体に現れる渦糸も磁束量子である。高感度磁束計 (→スクイド ) は基本的には磁束の量子化を利用したものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

磁束量子

磁力をもたらす磁束を糸状に1本、2本とばらしたときの最小単位。磁力線のイメージで思い描ける。超伝導状態の物質は弱い磁場の侵入を阻む(マイスナー効果)が、第2種超伝導体と呼ばれるものでは、磁場がほどほどに強いと、ばらばらの磁束を通す。これが量子化された磁束の一例だ。このとき、それぞれの周りに超伝導電流が渦のように流れる。

(尾関章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

磁束量子の関連キーワードジョセフソン同期効果ジョセフソン効果アブリコソフSquid原子定数永久電流

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android