コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁界変調記録方式 じかいへんちょうきろくほうしき

1件 の用語解説(磁界変調記録方式の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

磁界変調記録方式

光磁気ディスクの記録方式。レーザー光で磁性体を加熱して、磁力を保つ力をなくし、そこに磁界を当てて磁化させ、データ書き込みを行う。磁界変調記録方式では、つねに一定のレーザー光を当てておき、当てる磁界の向きを変えることで、データを変化させる。この方式を使用する記憶媒体には、MDやHiFDなどがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

磁界変調記録方式の関連キーワードカートリッジディスクコンパクトディスク磁気ディスク垂直磁気記録PD光磁気ディスク光ディスクミニディスク光磁気ディスクドライブ磁気ディスク記憶装置

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone