コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磐肌ねば ばんはだねば selvage

翻訳|selvage

1件 の用語解説(磐肌ねばの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

磐肌ねば

火成岩体の周縁部で,急冷によって一般に岩体の主要部分よりも細粒となり,脈が接触したり境界となる地帯.肌ねば,磐肌ねば,ねば皮,などは鉱床学で用いられる語で,鉱脈と母岩との境の面に発達する薄い粘土の皮をいう.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

磐肌ねばの関連キーワード火成岩体変成岩体エンドコンタクト変成岩複合岩体累帯深成岩体深成岩岩栓急冷周縁相急冷端エスメラルダ岩

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone