コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磐鹿六鴈 いわか むつかり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

磐鹿六鴈 いわか-むつかり

古代伝承上の膳(かしわで)氏の祖。
大彦命の孫。景行天皇の東国巡幸にしたがい,上総(かずさ)(千葉県)で白蛤(しろはまぐり)を膾(なます)にして献上。その功績によって宮中の食膳をつかさどる膳大伴部(かしわでのおおともべ)をあたえられたという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例