磯漁(読み)いそりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磯漁
いそりょう

海辺で鉤 (かぎ) やヤス,フシなどと呼ばれる銛 (もり) を使って魚介,海藻などをとる漁のこと。カナギ,イソネギなどというところもある。現在のように箱めがねを使用する前は,魚の油などを流して波をしずめ,のぞきやすくした。この方法をトラシ,タラシともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

磯漁の関連情報