コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯馴れ ソナレ

デジタル大辞泉の解説

そ‐なれ【××馴れ】

潮風のために、木の枝や幹が地面にはうように生えていること。また、その木。
「をちこちに花咲きぬれば鷺のゐる―の松に見ぞ紛へける」〈散木集・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そなれ【磯馴れ】

海岸などの木が地をはうように傾いて生えること。 「鷺のゐる-の松に見ぞまがへける/散木奇歌集」
植物ハイビャクシンの別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

磯馴れの関連キーワード散木奇歌集

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android