コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

礫質岩 れきしつがん

岩石学辞典の解説

礫質岩

psephite: ブロニアールによる語で,様々な片岩の破片を含む粘土質の岩石の記述に用いた[Brongniart : 1813].現在は礫岩と考えられているもので,ティレルは変成礫岩(metamorphosed conglomerate)を示唆している[Tyrrell : 1921].角礫岩や礫岩など細粒岩の総称である.ギリシャ語のpsephosは礫,小石の意味.
rudyte: 礫岩(rudite)と同義.砂礫よりなる水成岩[渡辺編 : 1935].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

礫質岩の関連キーワード礫質片麻岩

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android