社会死(読み)シャカイシ

デジタル大辞泉の解説

しゃかい‐し〔シヤクワイ‐〕【社会死】

医師の診断を仰ぐまでもなく、体の状態からだれが見ても判断できる死。法的な死は医師死亡宣告によって確定するが、ミイラ化している、頭部損傷が激しいなどで、蘇生が不可能と思われる状態をいう。
[補説]救急隊員はこの状態の死体については、蘇生措置を施さず、救急搬送もしないでよいとされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

社会死の関連情報