コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社坊 しゃぼう

防府市歴史用語集の解説

社坊

 神社の世話をするために、神社の中、または近くにつくられた寺のことです。しかし、明治時代になって仏教を排除しようとする考え(廃仏毀釈[はいぶつきしゃく])が広まり、多くの社坊はなくなります。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

社坊の関連キーワード津島神社多賀信仰円楽坊日輪寺大専坊執行坊別当坊

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android