コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祇尹 ぎいん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

祇尹 ぎいん

?-1800 江戸時代中期-後期の俳人。
幕府の先手与力をつとめる。江戸四谷にすみ,はじめ仲祇徳(ぎとく),のち神谷玄武坊にまなんだ。寛政12年4月5日死去。姓は小笠原。名は長堅。通称は理右衛門。別号に槿花坊,此花仙,松蔭舎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

祇尹の関連キーワードインド哲学定率減税水俣病第1次訴訟フィッセル辛酉教獄正祖勢道政治ドルトントレビシック吉雄耕牛

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android