祇尹(読み)ぎいん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

祇尹 ぎいん

?-1800 江戸時代中期-後期の俳人。
幕府の先手与力をつとめる。江戸四谷にすみ,はじめ仲祇徳(ぎとく),のち神谷玄武坊にまなんだ。寛政12年4月5日死去。姓は小笠原。名は長堅。通称は理右衛門。別号に槿花坊,此花仙,松蔭舎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android