コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祖承訓 そしょうくんZu Cheng-xun; Tsu Ch`êng-hsün

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

祖承訓
そしょうくん
Zu Cheng-xun; Tsu Ch`êng-hsün

中国,明末の武将。寧遠 (遼寧省) の人。幼時より武技を学び,李成梁の家丁となった。のち遼東副総兵となり,万暦 20 (1592) 年秀吉の朝鮮侵入に際しては明の救援軍の先鋒として日本軍の占領する平壌を攻めたが敗退した。のち提督李如松の部下として朝鮮各地に転戦,功をあげた。同 25年の日本軍の再度の進攻にも各地によく戦ったが十分な成果なく,同 27年帰国した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android