コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神保 信彦 ジンボ ノブヒコ

20世紀日本人名事典の解説

神保 信彦
ジンボ ノブヒコ

大正・昭和期の陸軍中佐



生年
明治33(1900)年1月1日

没年
昭和53(1978)年

出生地
山形県山形市

経歴
太平洋戦争中の昭和17年フィリピンのコレヒドール要塞陥落後、生田兵団参謀としてミンダナオ島を占領。捕虜にしたロハス財務長官を、マニラ比島方面軍司令部の一部幕僚による暗殺命令から守り救出に成功。このため中国河南戦線に回され、戦後済南で国民政府軍の戦犯として捕らえられた。このとき、独立フィリピン初代大統領となったロハスが蔣介石主席あて神保の助命嘆願親書を送り、22年3月無罪釈放され、3国を結ぶ国際秘話として話題になった。26年公職追放解除後、日比親善交流に活動、日本側戦犯死刑囚の減刑嘆願や、日比友好協会設立に尽力した。貿易事業も手がけ両国間を往来した。平成8年初代大統領の命を救った功績をたたえられ、フィリピン政府より遺族らに表彰状が渡された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

神保 信彦の関連キーワードM. ロハス

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android