神戸武正(読み)かんべ たけまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神戸武正 かんべ-たけまさ

?-? 江戸時代後期の武士。
越後(えちご)(新潟県)長岡藩士。秋山景山にまなび,藩校崇徳館の助教となる。弓馬の術にすぐれた。のち同藩三根山領家老神戸武道の養子となり,執政として領主牧野忠直を補佐した。本姓梅沢。通称は七五三之丞,四郎左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android