弓馬(読み)キュウバ

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐ば【弓馬】

弓と馬。弓術と馬術。また、武芸一般。
いくさ。戦い。
「思はざりしに―の騒ぎ」〈謡・朝長

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅうば【弓馬】

弓術と馬術。また、武芸一般をもいう。
戦い。いくさ。 「思はざりにし-の騒ぎ/謡曲・朝長」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きゅう‐ば【弓馬】

〘名〙
① 弓と馬。また、弓術と馬術。転じて、武芸一般をもいう。
※令義解(718)考課「凡兵衛。立三等考第。恭勤謹慎。宿衛如法。便習弓馬者。為上」 〔後漢書‐陳亀伝〕
② いくさ。戦争。
※車屋本謡曲・朝長(1432頃)「思はざりしに弓馬のさわぎ偏に時節、到来なり」
武事を専門とする者。武士。武家。
※浄瑠璃・傾城反魂香(1708頃)三熊野「人にこそよれ両方共に弓馬の身がら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android