神永政吉(読み)かみなが まさきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神永政吉 かみなが-まさきち

1885-1961 大正-昭和時代の弓道家。
明治18年6月1日生まれ。日置流雪荷派の星野忠徳,のち阿波(あわ)研造にまなぶ。武徳会精錬証をへて昭和4年範士,14年大射道教主となった。東北帝大などで弓道師範をつとめる。禅徳寺で禅をおさめ,弓と禅の一致をめざした。昭和36年9月19日死去。76歳。栃木県出身。号は的宗。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android