コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神永政吉 かみなが まさきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神永政吉 かみなが-まさきち

1885-1961 大正-昭和時代の弓道家。
明治18年6月1日生まれ。日置流雪荷派の星野忠徳,のち阿波(あわ)研造にまなぶ。武徳会精錬証をへて昭和4年範士,14年大射道教主となった。東北帝大などで弓道師範をつとめる。禅徳寺で禅をおさめ,弓と禅の一致をめざした。昭和36年9月19日死去。76歳。栃木県出身。号は的宗。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

神永政吉の関連キーワード新藤兼人川島雄三鈴木清順久松静児深作欣二レオーネ[各個指定]工芸技術部門マキノ雅広森一生アポロ計画

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone