神祇釈教恋無常(読み)じんぎしゃっきょうこいむじょう

精選版 日本国語大辞典「神祇釈教恋無常」の解説

じんぎ【神祇】 釈教(しゃっきょう)(こい)無常(むじょう)

和歌分類をならべ、人事全般がこれらのうちのどれかに含まれるところから、世態のさまざまであることをたとえていう。
仮名草子・新竹斎(1687)四「胸ざん用にいせぢかき神祇釈教恋無常(ジンキシャクキャウコヒムジャウ)おもて住居(すまゐ)は叶はじとうら店(たな)借て隠(かくる)れと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android