神鑑・神鑒(読み)しんかん

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐かん【神鑑・神鑒】

〘名〙 すぐれためきき。霊妙な鑑識
※太神宮諸雑事記(11C中か)「仮令雖重科、至于神鑒尤可恐畏歟」 〔郭璞‐省刑疏〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android