神降ろし(読み)カミオロシ

デジタル大辞泉の解説

かみ‐おろし【神降ろし】

[名](スル)
祭りの初めに、祭場に神霊を招き迎えること。→神上げ
神の託宣を聞くために、巫女(みこ)がわが身に神霊を乗り移らせること。
起請文(きしょうもん)の、祈願した神々の名を書き記した部分。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かみおろし【神降ろし】

( 名 ) スル
祭りの初めに神霊を天から祭場に招き迎えること。 ⇔ 神上げ
巫女みこが神の託宣を受けるために、祈って神霊を我が身に乗り移らせること。降霊。
起請文きしようもんで誓約のために神々の名を連ね記すこと。また、それを書いた箇所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android