コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福島関 ふくしまのせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福島関
ふくしまのせき

江戸時代,中山道福島 (長野県木曽町) に置かれた関所。慶長年間 (1596~1615) の設置で,木曾川に沿う交通の要所にあり,碓氷関と並んで重要な関門となっていた。明治2 (1869) 年廃関。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の福島関の言及

【福島】より

…元和年間(1615‐24)木曾は尾張藩領となり,木曾代官山村甚兵衛の陣屋町,また中山道の宿場町として発達した。宿場の入口には福島関が設けられていた。木曾川をはさんで町づくりされ,右岸が代官屋敷とそれに続く武家屋敷,左岸の中山道沿いに宿場町が町並みをつくっていた。…

※「福島関」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

福島関の関連キーワード長野県木曽郡木曽町福島長野県木曽郡木曽町入鉄炮に出女しまちゃん木曽(町)福ちゃん福島関跡木曽福島江戸時代山村良勝木曽谷木曾谷贄川

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android