コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福田宏年 ふくだ ひろとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福田宏年 ふくだ-ひろとし

1927-1997 昭和後期-平成時代のドイツ文学者,文芸評論家。
昭和2年8月31日生まれ。立大教授をへて,昭和45年中央大教授。ドイツ近代小説を研究。39年の立大山岳部ヒマラヤ遠征隊長をつとめ,井上靖の研究家としても知られた。平成9年6月8日死去。69歳。香川県出身。東大卒。著作に「永遠と現実」「バルン氷河紀行」「井上靖評伝覚」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

福田宏年の関連キーワードルーマニア日記天平の甍竹山道雄月の光

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android