福袋(読み)ふくぶくろ

精選版 日本国語大辞典「福袋」の解説

ふく‐ぶくろ【福袋】

〘名〙
① 開運札を入れる
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉一月暦「ヤッサモッサの中に手ん手に福袋(フクブクロ)受し終ると」
② 袋に種々の物を入れてをし、中身が何かわからないようにして、選び取らせること。また、その袋。余興商店の年始の売り出しなどに行なわれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「福袋」の解説

ふく‐ぶくろ【福袋】

前もってその中に種々のものを入れて口を閉じ、中身がわからないようにして各人に選び取らせる袋。余興や商店の正月の売り出しなどに出す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android