余興(読み)よきょう

精選版 日本国語大辞典「余興」の解説

よ‐きょう【余興】

〘名〙
① おもしろいと思う心持があとに残ること。あとまで残ったおもむきやおもしろみ。
※明衡往来(11C中か)下末「唱和者寡。但被。不黙止
※方丈記(1212)「若、余興あれば、しばしば松のひびきに秋風楽をたぐへ」
② 宴会などで、会合の本来の目的の進行のほかに、座興を添える演芸、かくし芸など。
※恋慕ながし(1898)〈小栗風葉〉二二「お弟子們(でしたち)の披露が済んだ後で、素人方の三曲や、薩摩琵琶なぞが余興(ヨキョウ)に在るさうですから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「余興」の解説

【余興】よきよう(きやう)

興趣の余。宋・趙師秀〔鮑県尉に和す〕 野禽(ぬす)みて去り 子、經を借りてる 餘興、詩句し 高く屋に題す

字通「余」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android