コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋の田村草 アキノタムラソウ

デジタル大辞泉の解説

あき‐の‐たむらそう〔‐たむらサウ〕【秋の田村草】

シソ科の多年草。本州以西の山野に多く、高さ30~80センチ。葉は3~7枚の小葉からなる羽状複葉。夏から秋にかけ、茎の先や葉の付け根に、数段にわたって薄紫色唇形小花をつける。紫参。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あきのたむらそう【秋の田村草】

シソ科の多年草。山野に自生する。高さ60センチメートルに達する。茎は四角、葉は三~七片の小葉から成り、鋸歯きよしがある。秋、紫色の小唇形花を花穂に層状に輪生する。紫参。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

秋の田村草の関連キーワードハルノタムラソウ(春の田村草)シソ科四角花穂層状

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android