コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋季レプトスピラ症 しゅうきれぷとすぴらしょう

家庭医学館の解説

しゅうきれぷとすぴらしょう【秋季レプトスピラ症】

 この病気をおこすレプトスピラは、日本各地の田園、山間部に分布し、ノネズミが感染媒体(かんせんばいたい)となり、秋に流行します。静岡県の秋疫(あきやみ)、福岡県の七日熱(なぬかねつ)はこの病気の地方名です。
 症状はワイル病に似ていますが、一般に軽く、黄疸(おうだん)はありません。

出典|小学館家庭医学館について | 情報