コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋季レプトスピラ症 しゅうきれぷとすぴらしょう

1件 の用語解説(秋季レプトスピラ症の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しゅうきれぷとすぴらしょう【秋季レプトスピラ症】

 この病気をおこすレプトスピラは、日本各地の田園、山間部に分布し、ノネズミが感染媒体(かんせんばいたい)となり、秋に流行します。静岡県の秋疫(あきやみ)、福岡県の七日熱(なぬかねつ)はこの病気の地方名です。
 症状はワイル病に似ていますが、一般に軽く、黄疸(おうだん)はありません。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

秋季レプトスピラ症の関連キーワード黄疸出血性レプトスピラ病スピロヘータワイル病犬型レプトスピラ病秋季レプトスピラ病ストレプトミセススレプトンレプトスピラレプトスピラ病ケラトスピライト

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone