コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋山光夫 あきやま てるお

2件 の用語解説(秋山光夫の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

秋山光夫

美術史学者。静岡県生。京大卒。帝室博物館学芸課長・重要美術品等調査委員会委員を経て日本美術協会専務理事・ブリジストン美術館委員・金沢芸術大学学長を歴任。近世絵画史研究に貢献する。主な著書は『桃山時代障屏画集』等。昭和52年(1977)歿、88才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋山光夫 あきやま-てるお

1888-1977 大正-昭和時代の美術史学者。
明治21年4月3日生まれ。昭和17年東京帝室博物館学芸課長となる。戦後は金沢美術工芸大教授,同大学長をつとめ,日本近世絵画史を研究。昭和52年1月16日死去。88歳。静岡県出身。京都帝大卒。著作に「日本美術論攷(ろんこう)」「御物若冲動植綵絵精影」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

秋山光夫の関連キーワード上野照夫浦崎永錫鷹巣豊治武内潔真千沢楨治内藤藤一郎仲田定之助菱田春夫普門暁逸見梅栄

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone