コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋月桂太郎 あきづき けいたろう

1件 の用語解説(秋月桂太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋月桂太郎 あきづき-けいたろう

1871-1916 明治-大正時代の舞台俳優。
明治4年2月12日生まれ。銀行員から俳優に転じ,明治26年横浜蔦(つた)座で初舞台。33年大阪朝日座で高田実らと第2次成美団を結成。喜多村緑郎らと関西新派の隆盛時代をきずいた。当たり役は「金色夜叉(こんじきやしゃ)」の間(はざま)貫一など。大正5年1月19日死去。46歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。本名は永田秀雄。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の秋月桂太郎の言及

【成美団】より

…1900年前後に活動した関西新派の劇団。1896年(明治29)大阪道頓堀の角座(かどざ)で,喜多村緑郎,秋月桂太郎(1871‐1916),高田実小織(さおり)桂一郎らが結成。好評を博し盛況だったが98年に解散した(第1次)。…

※「秋月桂太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

秋月桂太郎の関連キーワード相原文四郎井上春之輔小野喜代子観世元規渡嘉敷守礼深沢恒造松井芳雄村田正雄(初代)山田宗美大正時代美術

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone