成美団(読み)せいびだん

世界大百科事典 第2版の解説

1900年前後に活動した関西新派劇団。1896年(明治29)大阪道頓堀の角座(かどざ)で,喜多村緑郎秋月桂太郎(1871‐1916),高田実小織(さおり)桂一郎らが結成。好評を博し盛況だったが98年に解散した(第1次)。1900年,喜多村,秋月を中心に道頓堀の朝日座で再興。〈新演劇合同〉と銘うち,旧同人をはじめ他の新派の主要俳優も参集して,約10年間,いわゆる〈朝日座時代〉を現出した(第2次)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の成美団の言及

【朝日座】より

…道頓堀の東端でほぼ昔の豊竹座の跡に位置するが,戦災前には現在地より数十m西に同名の劇場があった。この旧朝日座は江戸時代から続いた角丸の芝居の後身で1877年に改称,道頓堀五座の一つに数えられ明治後期に喜多村緑郎を中心とする,いわゆる第2次成美団が本拠地として活躍,新派劇の基礎を築いたことで知られる。また松竹の大阪進出の最初の拠点ともなったが,大正中期以降は映画の封切館として戦災を受けるまで存続した。…

※「成美団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android