コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋田湾工業地域 あきたわんこうぎょうちいき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋田湾工業地域
あきたわんこうぎょうちいき

秋田県,男鹿半島の船川港から,雄物川河口の秋田港にいたる臨海部の工業地域。 1962年新産業都市に指定され,地元資源を利用するコンビナートの建設が進められた。 68年から秋田港が整備され,77年5万t岸壁が完成した。港湾,道路などが整備されるとともに,臨海地域に木製品,食料品,パルプ・製紙,非鉄金属,化学などの工場が立地し,近年は電子など先端産業の工場誘致も進んでいる。大浜地区には秋田火力発電所と黒鉱を原料とする亜鉛精錬所が立地。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

秋田湾工業地域の関連キーワード昭和

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android