コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒鉱 くろこうblack ore

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒鉱
くろこう
black ore

四面銅鉱,黄銅鉱黄鉄鉱方鉛鉱閃亜鉛鉱重晶石などが緻密に混入した日本特有の鉱石で,黒色を呈するところから,黒物,黒鉱と呼ばれる。秋田県を中心とする東北地方のグリーン・タフに産出。複雑な生成過程を経て鉱化したとみられ,品位が高いので重要。なお,これとは別に硫化物や不純物を多量に含む貧鉱を黒鉱と呼ぶ場合もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

黒鉱【くろこう】

黒物(くろもの)とも。方鉛鉱セン亜鉛鉱四面銅鉱黄銅鉱黄鉄鉱重晶石石英などからなり,緻密(ちみつ)で塊状の黒色鉱石。金・銀を伴うものもある。これを産する鉱床を黒鉱鉱床という。
→関連項目セッコウ(石膏)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

くろこう【黒鉱】

閃亜鉛鉱せんあえんこう・方鉛鉱・黄鉄鉱・黄銅鉱・重晶石・石英などから成る緻密ちみつな混合鉱石。銅・鉛・亜鉛・金・銀の原料鉱石。日本海側の第三紀の緑色凝灰ぎようかい岩の分布地域に産する。秋田県北部の小坂・花岡などの鉱山が代表的。黒物くろもの

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒鉱
くろこう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の黒鉱の言及

【グリーンタフ】より

…東北地方ではグリーンタフの火山活動の中心は奥羽山脈地帯で,ここは活動が終わるとまもなく隆起に転じ,山脈となって現在に至る。秋田県大館市付近など奥羽山脈の西側に沿う地帯では,この火山活動の末期に海底で金,銀,鉛,亜鉛などの金属が沈殿して黒鉱鉱床が形成された。黒鉱はグリーンタフ地域内の各地で発見されている。…

【黒鉱鉱床】より

…北海道南西部,下北半島,会津地方,山陰地方などにも多くの鉱床が知られている。1980年度の統計では,国内鉱山産の銅64%,鉛60%,亜鉛37%,金43%,銀56%が黒鉱鉱床から産出した。外国にも類似の鉱床が数多くあり,黒鉱型鉱床kuroko‐type depositと呼ばれる。…

【銅】より

…一般に黄銅鉱は黄鉄鉱,磁硫鉄鉱と共存し,またセン亜鉛鉱ZnS,方鉛鉱PbSを伴うこともある。日本では東北地方,とくに秋田県北部に存在する黒鉱鉱床から産出される。黒鉱とは,上記の各鉱物が微細な組織となって共存しているので黒く見えることから名づけられたものである。…

※「黒鉱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黒鉱の関連キーワード秋田湾工業地域ゲルマン鉱ビーバー石古遠部鉱山砒四面銅鉱小坂[町]米沢 万陸テナール石釈迦内鉱山安四面銅鉱大館盆地自破砕岩硫砒銅鉱平林 武古遠部鉱硫化鉄鉱亜鉛鉱物木下亀城後生鉱床米沢万陸

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒鉱の関連情報