秋田港

デジタル大辞泉プラスの解説

秋田港

秋田県にある港。雄物川の河口部に位置する。1953年7月設立。港湾管理者は、秋田県。重要港湾(1951年1月指定)。港湾区域面積は、2,770ヘクタール。江戸時代から米・木材・鉱産物などの積出港として発展。後背地には、火力発電所、製紙工場、亜鉛の精錬所などが立地。韓国・釜山港との間に定期航路がある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の秋田港の言及

【土崎】より

…明治後半,奥羽線の開通によって大きな影響をうけ,入港船も減少し衰退した。1889年土崎港町となり,1941年秋田市に合体,港の名も秋田港となった。【松淵 真洲雄】。…

※「秋田港」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秋田港の関連情報