コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秦大津父 はたの おおつち

2件 の用語解説(秦大津父の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秦大津父 はたの-おおつち

?-? 6世紀の官吏。
山背(やましろ)(京都府)の人。はじめ商いにたずさわっていたが,欽明天皇元年(540)大蔵の官吏に任命された。その理由は天皇がおさないとき,大津父を寵愛すれば皇位につくことができるという夢をみたからだという。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

秦大津父

生年:生没年不詳
5世紀後半から6世紀前半ごろの山背国紀郡深草里(京都市伏見区)の人。欽明天皇が即位する以前,秦大津父なる人物を優遇すれば天下を治めることができるという夢告があり,これを求めたところ秦氏の主要な居住地である山背国の紀郡深草里に発見した。大津父は商業に携わっており,伊勢(三重県)からの帰り道,2匹の狼が争うのをやめさせて命を永らえさせた経験を話した。欽明はこれを聞いて喜び,大津父を近侍させ,ついに即位すると大蔵省の役人に任じたという。この説話は,安閑・宣化と欽明の対立を暗示するものとして興味深いが,秦氏の一族に商業活動を行うもののいたことが確認される点でも重要である。

(大平聡)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の秦大津父の言及

【秦氏】より

…太秦(うずまさ)とは,酒公が朝廷に絹をうず高く積んだのでその名があるというが,山背より京に本貫を移した秦氏の別称であろう。ついで,欽明天皇のとき,山背紀伊郡人秦大津父(おおつち)が〈大蔵〉の官に任ぜられ,〈秦人〉7053戸を戸籍に付し,〈大蔵掾〉として,その伴造(とものみやつこ)となったという。ついで,秦河勝がある。…

※「秦大津父」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

秦大津父の関連キーワードキエフ鶏竜山窯エレア学派摂関時代ウィーン古典派ダカーポアリアラージプート族太陽の沈まぬ国

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone