コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大蔵 おおくら

6件 の用語解説(大蔵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大蔵
おおくら

大和朝廷の官物を収蔵する倉庫,役所。令制の大蔵省の前身。『古語拾遺』『新撰姓氏録』の所伝では,雄略朝に創建され,ここに三蔵 (斎蔵内蔵,大蔵) が分立する。その管理,出納,記録は,蘇我氏と帰化系の秦,文両氏が担当した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おお‐くら〔おほ‐〕【大蔵】

大蔵省」の略。
上代の三蔵の一。雄略天皇のときの創建と伝えられ、諸国からの貢ぎ物などを納めた蔵。

おおくら【大蔵】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「大蔵」姓の人物
大蔵虎明(おおくらとらあきら)
大蔵永常(おおくらながつね)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おおくら【大蔵】

古代、朝廷の財物をおさめた倉。斎蔵いみくら・内蔵うちくらと合わせて三蔵と称された。「古語拾遺」などの所伝によれば、雄略天皇の時に設置されたという。 → 大内裏

おおくら【大蔵】

姓氏の一。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大蔵
おおくら

大和(やまと)朝廷の「三蔵(みつのくら)」の一つ。官物を納めた蔵。『古語拾遺(こごしゅうい)』によれば、雄略(ゆうりゃく)朝に至り従来の斎蔵(いみくら)、内蔵(うちくら)のほかにさらに大蔵を建て、東西文(やまとかわちのふみ)氏、秦(はた)・漢(あや)2氏をして管理させるとともに、これらの三蔵を蘇我満智(そがのまち)に検校(けんぎょう)させたという。[黛 弘道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大蔵の言及

【三蔵】より

…大和朝廷の財政をつかさどった官司またはクラとしての斎蔵(いみくら)・内蔵・大蔵の総称。《古語拾遺》によると,神武朝宮中に神物・官物を納める斎蔵を建て,斎(忌)部氏がこれを管掌し,履中朝,朝鮮三国からの貢納物がふえると斎蔵の近くに内蔵を設けて神物と官物を分収し,東漢(やまとのあや)氏の祖阿知使主(あちのおみ)と西文(かわちのあや)氏の祖王仁(わに)に出納を記録させ,また蔵部を定め,さらに雄略朝,諸国の貢調が増大すると大蔵を建て,蘇我麻智に三蔵を検校せしめ,秦氏を出納,東西文氏を記録にあたらせ,漢氏に内蔵・大蔵の姓を賜ったという。…

※「大蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大蔵の関連情報