大蔵(読み)おおくら

精選版 日本国語大辞典「大蔵」の解説

おお‐くら おほ‥【大蔵】

〘名〙
斎蔵(いみくら)、内蔵(うちくら)とともに上代の三蔵の一つ。雄略天皇の代に創建され、諸国の貢物を収めたと伝承される。実際の成立はこれより新しい。
※古語拾遺(807)「更に大蔵を立て、蘇我麻智宿禰をして三蔵〈斎蔵内蔵大蔵〉を検校(かむがへただ)さ令めて」
※書紀(720)朱鳥元年九月(北野本訓)「次に直広参、大伴宿禰安麻呂、大蔵(オホクラ)の事を誄(しのびことたてまつ)る」
※団団珍聞‐五二五号(1886)「内閣総理大臣及宮内外務内務大蔵陸軍海軍司法文部農商務逓信の諸大臣を置」
④ 令制の大蔵省に属する倉庫。〔九暦‐九暦記・天慶七年(944)一〇月九日〕
⑤ 大きな蔵。
※古今著聞集(1254)一六「たてそめてまだ物つまぬおほくらはもとの修理にもまさらざりけり」

たい‐ぞう ‥ザウ【大蔵】

〘名〙 たいそうらしく振舞う男。やぼな遊客。また、とんま、愚かなをいう。
※洒落本・傾城買指南所(1778)「生得大ぞふの事なれば、イヤかたはら疼(いたい)事だらけ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「大蔵」の解説

大蔵
おおくら

大和政権の財物を収納した三蔵 (みつくら) の一つ
主に地方からの貢納物をおさめた。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「大蔵」の解説

大蔵
おおくら

大和(やまと)朝廷の「三蔵(みつのくら)」の一つ。官物を納めた蔵。『古語拾遺(こごしゅうい)』によれば、雄(ゆうりゃく)朝に至り従来の斎蔵(いみくら)、内蔵(うちくら)のほかにさらに大蔵を建て、東西文(やまとかわちのふみ)氏、秦(はた)・漢(あや)2氏をして管理させるとともに、これらの三蔵を蘇我満智(そがのまち)に検校(けんぎょう)させたという。

 弘道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「大蔵」の解説

大蔵
おおくら

大和朝廷の官物を収蔵する倉庫役所令制大蔵省前身。『古語拾遺』『新撰姓氏録』の所伝では,雄略朝に創建され,ここに三蔵 (斎蔵内蔵,大蔵) が分立する。その管理,出納,記録は,蘇我氏と帰化系の秦,文両氏が担当した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の大蔵の言及

【三蔵】より

…大和朝廷の財政をつかさどった官司またはクラとしての斎蔵(いみくら)・内蔵・大蔵の総称。《古語拾遺》によると,神武朝宮中に神物・官物を納める斎蔵を建て,斎(忌)部氏がこれを管掌し,履中朝,朝鮮三国からの貢納物がふえると斎蔵の近くに内蔵を設けて神物と官物を分収し,東漢(やまとのあや)氏の祖阿知使主(あちのおみ)と西文(かわちのあや)氏の祖王仁(わに)に出納を記録させ,また蔵部を定め,さらに雄略朝,諸国の貢調が増大すると大蔵を建て,蘇我麻智に三蔵を検校せしめ,秦氏を出納,東西文氏を記録にあたらせ,漢氏に内蔵・大蔵の姓を賜ったという。…

※「大蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android