コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秩禄奉還 チツロクホウカン

デジタル大辞泉の解説

ちつろく‐ほうかん〔‐ホウクワン〕【秩×禄奉還】

明治6年(1873)明治政府が実施した秩禄放棄政策。秩禄を受給していた華族士族のうち希望者に対して、その何年か分にあたる金禄公債証書を与え、事業資金などに充てさせたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

秩禄奉還の関連キーワード秩禄処分

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android